TIM Labs

IETesterのAjax通信のUserAgentは常にIE8です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

追記:既知のバグのようです

IE6のテスト中にはまったので紹介します。

社内で作成するWebアプリケーションではセッションハイジャック対策としてHTTPヘッダーのUserAgentやRemoteAddrがセッションの内容と異なっていた場合に破棄するというコードを組み込んでいます。 この仕組みを使っている場合にIETesterでAjax通信を行うとセッションの内容が取得できず呼び出したAPIから正常な結果が得られないという問題がありました。

何でだろう、、という事で調べてみました

UserAgentを表示させるスクリプトはこちら。sinatraとhamlをつかっています。

結果

一行目が通常のリクエストの時のUserAgentで二行目がAjax通信時のUserAgentです。

  • IE6(IETester)
  • IE7(IETester)
  • IE8(IETester)
  • IE6(XPmode)
  • IE8
  • (参考)Chrome8

IETesterの場合はすべてIE8になっています(汗。

という事で、IETesterではAjax、というかJavascriptの動作確認は気をつけて行いましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://labs.timedia.co.jp/mt/mt-tb.cgi/110

コメントする

このブログ記事について

このページは、troterが2010年12月15日 12:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ctagsを使ってVimでCode Readingを加速する」です。

次のブログ記事は「出展支援システムをつくろう(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。