TIM Labs

2012年6月アーカイブ

問題

世の中、猫も杓子も iPhone です。 という訳で iPhone アプリを作ろうかと思ってしまうのが人情というものです。 ところが実際に iPhone アプリを作ろうとすると色々と障壁がありますし、 作成したアプリを公開しようにも色々と手間がかかります。 既にこの初期投資を終えているなら問題はないのですが、一から始めようとするとなかなか難しいものがあります。

となると iPhone 用のウェブアプリケーション を作る方が手っ取り早いということになります。 これなら既に手に馴染んだ言語でアプリケーションの作成ができますし、 Heroku 等を利用すれば公開もすぐにできます。

しかし、この方法には別の問題があります。 一体どうやってネイティブアプリケーションと同様のルック・アンド・フィールをクライアントサイドで実現すれば良いのでしょうか?

前回に引き続きApache JMeterに関する話を書きます。 今回はシナリオ作成の際のちょっとした応用、それも結構頻繁に使うものです。

タイトルとして「Apache JMeterでASP.NETアプリをテストする」と書きましたが、要はリクエストの戻り値(レスポンスのHTML)中に含まれている値を、次のリクエストのPOST/GETパラメータに含める方法を説明します。 さて、なぜわざわざ「ASP.NETをテストする」と書いたかをASP.NETを知らない人に説明すると、所謂ポストバックというHttp Sessionに含めるような内容をレスポンス中のhiddenとして吐き出し、次のPOSTに含めることでHttp Sessionに近い状態管理を行うことができる仕組みを使っているからです。内部実装的にはSessionに含める情報(Object)をシリアライズしてBASE64エンコードしたものをhiddenに埋め込む感じです。

私ももともとJava開発中心でASP.NETは詳しくはありませんが、上記で大体あっているはずです。間違いがあったらご容赦ください。

さて、そのような仕組みで動いているため、ASP.NETアプリをテストする際にはレスポンスHTMLをパースしその中から特定の部分を抽出、次のPOSTに含めるということをしなければなりません。そのための簡単な方法を説明します。

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。