TIM Labs

2013年2月アーカイブ

問題

Vim プラグイン開発でも継続的インテグレーションがしたい! (Travis CI 編)」 では Vim プラグイン開発でも簡単に継続的インテグレーション(CI)を導入できることを解説しました。 ところで CI はユニットテストを書くことが前提です。 上記の記事では「どうユニットテストを書くか」についてはほとんど触れていませんでした。 実際にテストを書こうとすると、

  • テスト結果が実行環境に左右されないよう、無設定の状態の Vim を起動し、さらに関係のないプラグインや設定は読み込まれないよう細工をした上でテストを実行する必要がある。
  • テスト対象のプラグインが他のプラグインに依存している場合、適切なバージョンのものを取得した上でそれも利用可能な状態でテストを実行する必要がある。

という割と面倒臭い問題があります。 しかしもう2013年です。 どうにかして簡単にユニットテストを書けないものでしょうか。

問題

昨今は継続的インテグレーション(CI)が大ブームです。 そしてオープンソースのプロジェクトなら Travis CI を使うことで簡単にCIを始めることができます。 という訳でこのビッグウェーブに乗るしかありません。 それも Vim プラグイン開発で。

しかし、

  • Vim プラグインのテストはどう書けば......
  • 他のプラグインに依存しているプラグインだとどうしよう......

という割と面倒臭い問題があります。 しかしもう2013年です。 Vim プラグイン開発でも CI したいお年頃です。 一体どうすれば良いのでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。