TIM Labs

2013年11月アーカイブ

ActiveRecord4でこんなSQLクエリどう書くの? Merge編 では、関連先のscopeを使い回すことができるmergeを紹介しました。 ActiveRecord4でこんなSQLクエリどう書くの? Arel編 では、安全にmergeができるscopeをArelを使って組み立てる例を紹介しました。

前回紹介したArelですが、複雑なクエリを組み立てようと思うとarel_tableという記述がいたる所に登場してしまい、処理がごちゃごちゃしてしまいました。 このごちゃごちゃ感を回避するために利用するのが、ActiveRecordの拡張であるsqueelです。

今回は、Arelを使った処理をsqueelで書き直してみます。 テーブルは、前々回紹介したもの を利用します。

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。