TIM Labs

2014年3月アーカイブ

夜間バッチのジョブ管理、皆様どのようにしておられるでしょうか。 私はというと、cronとWheneverというRubyでcronが管理できるGemで頑張っております。

「cronって。。。このジョブ動いたら次これね! みたいな処理はどうやって書いてるの?」

と知り合いに聞かれたのですが、そりゃShellScriptでコマンド列挙して、それをcronで動かしてたりします。って言ったら、そんなんでジョブ管理できるんだ、みたいな反応されました。

そうですよね。バリバリの業務系システムを作ってる人は皆、JP1やA-Autoといったジョブ管理システムを採用しているわけです。でもRailsでこういったジョブ管理システムを使っているっていう話、聞いた事がありません。(私が知らないだけで、実は皆使ってたりするの?)

非同期なバックグラウンド処理ならばsidekiqのようなGemを使えばよいわけですが、やりたいのは定期的に実行するバッチのジョブ管理です。

JP1はLinux版もあるようなので調べてみたのですが、、、ちょっとお値段高いです。気軽に採用できる感じじゃありません。できればフリーで利用できるものがよいです。

と調べているうちに、「SOS Jobscheduler」と「Hinemos」という、オープンソースのジョブ管理システムを発見しました。Hinemosと比べ、SOS Jobschedulerの方がAPIが充実してそうという印象だったため、今回は「SOS Jobscheduler」を試してみることとします。

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。