TIM Labs

2014年6月アーカイブ

問題

昼のお仕事はC#で、 夜のお仕事はRubyで書いていると、 「あっちでできることはこっちでどう書くんだっけ」 と立ち止まることが度々あります。

その都度リファレンスを引けば分かることではあるのですが、 何度も引き直しているとさすがに面倒臭くなってきます。 特にシーケンス処理は言語毎に微妙に差異があって、 注意してないと妙なバグを埋め込むことになりかねません。 どこかに良い感じのシーケンス処理API比較表が転がっていないものでしょうか。

他人の開発画面、覗いてみた事ありますか。

覗いてみた事が無い方は、是非見せてもらってください。意外と面白いですよ。 gitのコミットの仕方ひとつとっても、人によって全く違うんだなと思うはずです。

git使いが10人いれば、使い方も10通りなんだなと、他人のコンソール覗きこむたびに感じます。

私の場合、プロジェクトが数ヶ月から半年に一度変わる(または並行して複数のプロジェクトに入る)という事が多く、いろんなgit使いの方に触れる 機会が多いです。

コンソール上でgitを操作する人、SourceTreeやEclipseプラグイン等のGUIツールで操作する人、git rebaseを多様する人、全くしない人、コミットグラフが綺麗な人、汚い人(そもそもあんまりこだわりを持っていない人?)、コミットメッセージを日本語で書く人、英語で書く人。。。

私は、「git pull」というコマンドを使う事はほぼ無いのですが、たぶんそういう情報は私の開発画面じーっと覗き込んでないと知りえない事だと思います。 gitを長い間使っている方は、自分流のgitの使い方を持っているかと思います。

今回は私のローカルでのgitの使い方を晒してみます。

ちょっと記事が長くなってしまいました。以下、今回の要点を最初に書いておきます。

  • コマンドは短く
  • 必要な情報は常に表示する
  • とにかくcommit
  • コミットコメントは一行で、かつ自分が分かりやすいコメントを
  • hookを活用する
  • 余計なものは無視する、または消す

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。