TIM Labs

Angular2入門 Component編 その1

| コメント(0) | トラックバック(0)

Angular2は、コンポーネント志向なJavascriptフレームワークです。

画面一つ一つの要素を部品化しコンポーネントとして切り出すことで、保守のしやすいソースを記述することができます。

今回は、Angular2の基本的な機能であるComponentの使い方を説明いたします。

Angular2 新規プロジェクトの作成

前回、Angular2 開発環境構築編 を書いてから随分な時間が経過してしまいました。 2016/08/04 時点でAngular2 のバージョンは、 2.0.0-rc.4 です。

前回記事を書いた時点では Angular2.0.0-beta.0 を使っていましたが、 beta.0 からバージョンが上がるごとにびっくりするようなBreaking Changeが幾度と無く発生し、 前に書いたコードはDeprecateなコードとなってしまいました。

Angular2.0.0-RCに入り、Breaking Changeが少なくなってきています。

また、Angular2.0.0 正式版のリリースも近づいており、そろそろプロダクションで使えるかな、という段階まで来ています。

趣味で開発しているアプリもAngular1からAngular2にバージョンアップしてみましたが、beta.0 の時よりも安定して利用できるようになってると感じています。

アップグレードは https://angular.io/docs/ts/latest/guide/upgrade.htmlに移行手順がでていますが、 とても変換できるような状態ではなかったので、1から全て書き直しました。 小さなアプリなら、全部書き直したほうが早いと思います。

さて、前回記事を書いた時には https://github.com/AngularClass/angular2-webpack-starter をベースに新規アプリを作りましたが、 今はAngular公式のコマンドラインツール、angular-cli がでているため、 今回はこちらを使って新規のアプリを作成していきます。

npm はインストールしている前提ですが、以下コマンドで新規アプリが簡単に作成できます。

npm install -g angular-cli  # angular-cliインストール

ng new プロジェクト名 # 新規アプリ作成
cd プロジェクト名 # 作成したアプリのディレクトリに移動
ng serve # angular2コンパイル & 開発サーバ起動

# http://localhost:4200 にアクセス

Componentとは

リッチで複雑な管理画面をJSフレームワーク無しで記述しようとすると、あっという間にスパゲティなコードができあがります。

UIの部品をComponentとして分割していくことで、複雑なアプリもより見通しのよく、保守しやすいコードにすることができます。

例えば、以下の様な管理画面を持つシステムを作っているとしましょう。

5d657e74-b765-57da-02e5-8b0180557c28.png

上記画面では、以下のようなことができるとしましょう。

  • 画面上部のInput欄にコードを入れ追加ボタンを押すと、画面下部商品一覧に商品が追加される

    • Input欄に入力されたコードが正しいものかどうかも検証する
    • 正しいコードが入力されたら、追加するボタンが押せるようになる
    • 追加ボタン押下でサーバから商品情報を引いた後、商品一覧テーブルにアイテムを追加する
  • 商品一覧テーブルで個別の商品情報が入力可能

    • 各入力フォームにはそれぞれバリデーションが設定されている(例: 数字しか入力できない、必須項目等)
  • 商品一覧テーブルに入力された情報が全て正しい場合のみ、在庫登録ボタンが押下できる

こういった機能をもつ画面をJSフレームワークを利用せず、JQueryだけで記述するのは、なかなかきついものがあります。

Angular2 では、例えば以下のようにHTMLテンプレートを記述できます。

// 商品入力画面.html
<h2>商品仕入・登録</h2>

<input-inventory [suppliers]="suppliers" (newInventoryAdded)="addNewInventory($event)">
</input-inventory>

<h2>商品一覧</h2>
<p> ... </p>

<inventories [inventories]="inventories">
</inventories>

-

// inventories-component.template.html (InventoriesコンポーネントのTemplate) 
<table class="table">
  <thead>
     ...
  </thead>

  <tbody>
    <inventory *ngFor="let inventory of inventories" 
                      [inventory]="inventory" 
                      (removeInventory)="removeInventory($event)">
    </inventory>
  </tbody>
</table>

上記のように構造化した後、個々のコンポーネント(input-inventory や inventories等) を作りこんでいきます。

このように個々の部品をコンポーネントとして分割していくことで、 より柔軟でメンテナンスしやすいアプリケーションを開発することができます。

Hello Component

では、Angular2のコンポーネントを作ってみましょう。 まずは、Hello と 画面に表示するだけの単純なコンポーネントを作ってみます。 以下コマンドで、Angular2のプロジェクトを作成します。

ng new hello-component
cd hello-component
ng serve # 起動後 http://localhost:4420 にアクセス

まずはこの状態で、ng serveし、トップページにアクセスしてみましょう。以下のような画面が表示されるでしょうか。

ae6847c5-5eee-c13f-4fc3-3942d4c28d52.png

hello-component/src/index.html は以下のようになっています。

<!doctype html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>HelloComponent</title>
  <base href="/">

  {{#unless environment.production}}
  <script src="/ember-cli-live-reload.js" type="text/javascript"></script>
  {{/unless}}
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
  <link rel="icon" type="image/x-icon" href="favicon.ico">
</head>
<body>
  <app-root>Loading...</app-root>

    {{#each scripts.polyfills}}
    <script src="{{.}}"></script>
    {{/each}}
    <script>
      System.import('system-config.js').then(function () {
        System.import('main');
      }).catch(console.error.bind(console));
    </script>

</body>
</html>

System.import等、細かいところは今は無視しましょう。 重要なのは、<app-root></app-root> という記述です。これがAppComponentです。

そして、AppComponentは、src/app/app.component.ts にて以下のように定義されています。

import { Component } from '@angular/core';

@Component({
  moduleId: module.id,
  selector: 'app-root',
  templateUrl: 'app.component.html',
  styleUrls: ['app.component.css']
})
export class AppComponent {
  title = 'app works!';
}

moduleIdは後で説明します。

selector には tagとして利用したい変数名を記述します。 例えば、selector: 'something' とすると、<something></something> といった具合にコンポーネントが利用できます。

templateUrl、styleUrls には、HTMLテンプレートとcssを指定できます。今は、app.component.html は以下のように定義されています。

<h1>
  {{title}}
</h1>

{{title}} は、AppComponentクラスにて定義した title 変数の値が埋め込まれます。

試しに、AppComponentを以下のように書き換えてみましょう。

// app.component.ts
import { Component } from '@angular/core';

@Component({
  moduleId: module.id,
  selector: 'app-root',
  template: `
    <h1> {{title}} </h1>
  `
})
export class AppComponent {
  title = 'Hello Component!';
}

template を利用することで、Componentクラスに直接テンプレートを記述できます。 この状態で再度アクセスすると、以下のように表示されます。

スクリーンショット 2016-08-04 1.54.58.png

moduleId は、templateUrl や styleUrls のPathを相対的にかけるようにする、おまじないのようなものです。 もしmoduleIdを定義しないとなると、templateUrlは以下のようなrootからのpathを記述しないといけません。

@Component({
  selector: 'app-root',
  templateUrl: 'app/app.component.html'
})
export class AppComponent {
  title = 'app works!';
}

Angular2が内部的にModuleIdを利用して、相対パスをいい感じのパスに書き換えてくれます。

Built-in Component

Angular2が用意してくれているコンポーネントも幾つか存在しています。 例えば、以下のようなものが存在しています。

  • NgIf
  • NgSwitch
  • ngFor
  • ngStyle (styleの定義が動的に変更可能となる)
  • ngClass (classの定義が動的に変更可能となる)

以下のように利用できます。

// app.component.ts

import { Component } from '@angular/core';

@Component({
  moduleId: module.id,
  selector: 'app-root',
  template: `
    <h1> {{title}} </h1>

    <p *ngIf="showMessage">
    show Message
    </p>

    <h2> TestTable </h2>

    <table>
      <thead>
      <tr>
        <th>ID</th>
        <th>Name</th>
      </tr>
      </thead>

      <tbody>
      <tr *ngFor="let row of tableRows">
        <td>{{ row.id }}</td>
        <td>{{ row.message }}</td>
      </tr>
      </tbody>
    </table>
  `
})
export class AppComponent {
  public title: string;
  public showMessage: boolean;
  public tableRows: any[];

  ngOnInit() {
    // 初期化が必要な処理は、ここに書くと良いです
    this.title = "Hello Built-in Component";
    this.showMessage = true;
    this.tableRows = [
      { id: 1, message: "Hello"},
      { id: 2, message: "Angular2"},
    ];
  }
}

下記のようなページが表示されたでしょうか。

スクリーンショット 2016-08-04 2.28.51.png

Angular2が用意しているBuilt-in Directiveを使う場合、必ず (*) を付ける必要があります。

これは、* が template="ほにゃらら" のsyntaxシュガーだからとかいう理由等あるんですが、今回は入門編なので難しいことは省略します。

詳しくは、https://angular.io/docs/ts/latest/guide/template-syntax.html#!#star-template をご参照ください。

また、その他のBuilt-in Componentの使い方については、https://angular.io/docs/ts/latest/guide/template-syntax.html#!#directives をご参照ください。

今回のまとめ

今回はAngular2の新規プロジェクトの作り方と、Componentの基本的な使い方の説明をしました。 今回利用したサンプルコードは、https://github.com/nishio-dens/angular2-example/tree/master/hello-component においてあります。

次回は、複数のコンポーネントを作り、相互に連携するようなアプリを作っていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://labs.timedia.co.jp/mt/mt-tb.cgi/500

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishioが2016年8月 4日 03:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アルファ碁 vs イ セドル」です。

次のブログ記事は「OpenSSH 7.3 の ProxyJump 機能の使い方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。