TIM Labs

プーリングのサイズをどんどん大きくしてみた

| コメント(0) | トラックバック(0)
プーリングのサイズを大きくするとすぐにダメになるのではと思ったが、そんなことはないらしいのが前回わかった。
それで、プーリングサイズをどんどん大きくし、テスト精度が最も良くなるのはどのあたりかを調べてみた。

グラフの右には、プーリングのサイズ、そのサイズでテスト成功率が最大になったepochとテストの最大精度を示している。

accuracy-CNN2s.pngプーリングなし  3 0.6667

accuracy-CNN5x5s.png プーリング 5x5  6 0.7354

accuracy-CNNp6x6s.png プーリング  6x6  7 0.7412

accuracy-CNNp7x7s.png プーリング 7x7  8 0.7436

accuracy-CNNp8x8s.png プーリング 8x8  6 0.7402

accuracy-CNNp10x10s.png プーリング 10x10  6 0.7307


この実験では、7x7のプーリングで、プーリングなしと比較して7.69%(66.67→74.36)テスト精度が向上した。
プーリングだけでこれだけ向上するということは、プーリングは何らかの形で使うのが良さそうだ。

上のグラフを眺めると、もう1つの変化が見えてくる。
緑がテスト精度であるが、青の学習精度の方に注目してみよう。
プーリングなしだと、10epochあたりで98%に達しているのだが、プーリングサイズを上げると、学習段階での精度の上昇ペースがかなり鈍るようである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://labs.timedia.co.jp/mt/mt-tb.cgi/634

コメントする

このブログ記事について

このページは、fujiが2017年6月 3日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「データ解析のための統計モデリング入門 一般化線形混合モデル(GLMM) 読書メモ6」です。

次のブログ記事は「Windows10でFORTRANを動かさねばならない(上)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。