TIM Labs

コンビニの上には本格的な電子パーツ屋さんがあった

| コメント(0) | トラックバック(0)
ちょっと前、調布の電通大キャンパス内のセブンイレブンで、電子パーツなどを24時間販売していることを書いた。

ネットでは、この程度で話題になっているが、その先があるのだ。
セブンイレブンは甲州街道に沿ったビルの1階にある。

ビルの名称はUECアライアンスセンター。
入り口には管理人室があるのだが、その前を通りぬけて2階に上がってみると、marutsuの看板が廊下に出ているのだ。

DSCN0474 (600x450).jpg DSCN0382 (600x450).jpg 

中に入ると、部品が入っている小さな箱がずらっと並んでいて、まるで秋葉原の部品屋なのだ。
それもそのはず、秋葉原に本店がある、電子部品屋の マルツの西東京営業所が、大学(UECとは電通大のこと)の中にあったのだ。
さすがは電子工学というか、無線工学で有名な大学ならではである。

DSCN0383 (600x450).jpg DSCN0689 (600x450).jpg
電子部品だけでなく、入門者向けのキットなども置いてあるのだ。
もちろん、ビニール袋に必要な部品を入れたお安いキットも色々置いてあった。

多種多様は電子部品はもちろんだが、ケーブル、工具、ケース、測定器なども置いてあった。
つい手を出してしまうとはまってしまいそうだ。


DSCN0686 (600x450).jpg DSCN0685 (600x450).jpg

入り口の近くには、最近はやっているチビ・コンピュータの類が色々置いてあった。
Raspberry Pi, IchigoJam, Arduino とか色々あると思ってみていたら、ちょっと違った。
Arduino ではなく Marduino であった。

DSCN0687 (450x600).jpg  

ここに売っているものだけではなく、頼めば色々なものも作ってくれるとのこと。
うーーーむ、つい電子工作に走ってしまいそうだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://labs.timedia.co.jp/mt/mt-tb.cgi/665

コメントする

このブログ記事について

このページは、fujiが2017年8月14日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Ubuntu/LinuxからWindowsをリモートデスクトップで使う」です。

次のブログ記事は「プログラミングに物理はどのくらい必要か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。