TIM Labs

Ubuntuで英語配列のキーボードによる日本語入力方法

| コメント(0) | トラックバック(0)
日本では、JISキーボードというとてもガラパゴスなキーボードが一般的だが、世界標準であるASCIIキーボードとはキー配列が異なる。
さすがにAからZまでは同じなのだが、記号が色々異なっている。
プログラミングしたり、システムをいじっていると、どうしても記号を入力することが多いのだが、場所が違うと非常に困るのだ。

ということで以前は、ASCII配列でかつコンパクトな、少なくとも周囲ではよく使われている Happy Hacking Keyboard(HHKB) を使っていた。
しかし、次第にコンピュータを買うとついてくる無駄に幅の広いJISキーボードが席巻するようになり、やむなくJISを使うように飼いならされてしまった。
エンジニアとして敗北である。
そして、HHKBは、本箱の隅の方に追いやられていた。

今回、オフィスも変わったということで、少なくとも Ubuntu/Linux ではHHKBを使うことにしたのだ。
HHKBでも、これは安いタイプだ。

HHK-1.jpg
今まで、JISキーボードをつなげてUbuntuも動かしていたのだがHHKBを使うにはちょっと変更が必要になる。

ということで、ネットで探すと Ubuntu 16.04で英語キーボードを使えるようにする方法 を発見。 さっそく試してみた。

sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

とても簡単に設定できたので、安心して動作確認したら、記号がJIS配列のままだった。
なにか間違いを犯したらしいのだが、何も特別な設定をする個所などなかった。

ということで、この意味不明な現象をネットで探したら、UbuntuでHHKB を使う が見つかり、HHKBを指定したにもかかわらずJIS配列のままになるという珍現象の説明があり、ちょっと安心。
解決方法の説明があったのだが、設定ファイルの中身を直接いじっていて、ちょっとやり過ぎ。
もっと普通の方法を探すことにした。

そして、UbuntuのmozcでUSキーボード入力/JISキーボード入力を簡単に切り替える方法 を発見した。

sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc

これで、fcitxがインストールできたら、「fcitx設定」を動かして、細かい設定をするだけである。 設定ファイルの中身を直接いじるなどの反則行為をしなくても、普通にASCII配列が使えるようになる。

いろいろ
想定外の部分で勉強になった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://labs.timedia.co.jp/mt/mt-tb.cgi/661

コメントする

このブログ記事について

このページは、fujiが2017年8月 1日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あみだくじと置換群」です。

次のブログ記事は「プログラミングに数学はどのくらい必要か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。