TIM Labs

謹賀新年 平成30年元旦 ナンプレ2題

| コメント(0) | トラックバック(0)
新年明けましておめでとうございます。
今年は、さらにAIなどで大きな変化がありそうな年になるでしょう。
そのために、ますます新しい技術の習得が必要になるでしょう。
でも、色々なシステムを作るためのツール類が充実するだろうし、さらにハードウェアの性能も向上するので、より高度なこと、より複雑なことができるようになるでしょう。

AIに関しては、全脳シミュレーションがどうなるでしょうか?
ポスト京では、全脳シミュレーションを目標の1つに挙げているようですが、昨年末からいろいろあって、開発が順調に進むか微妙なところがあるようです。

さて、正月ですから、あまり社会のことを考えるのは休止し、年賀のために作成したナンプレを解いてください。

nenga2018-hard-np.png

ナンプレのルール

  1. 縦と横の各列9マスには、1?9の数字が1つずつ入ります。
  2. 3×3の太枠の中の9マスにも、1?9の数字が1つずつ入ります。
  3. したがって、縦、横、太枠内のいずれにも同じ数字は入りません。

本問題の難易度は、まあまあです。


この問題が難しいと思った場合には、次へ。


次は、ヒントではなく、もっと易しい問題を用意しました。

数字のある位置は同じですが、とっても易しい問題です。

そして、この問題は、ある特別な工夫がされています。どんな工夫でしょうか?

nenga2018-easy-np.png

では、本年もよろしくおねがいします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://labs.timedia.co.jp/mt/mt-tb.cgi/704

コメントする

このブログ記事について

このページは、fujiが2018年1月 1日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SEND+MORE=MONEYを解くsugarのプログラム」です。

次のブログ記事は「円周上にN点を取り、任意の2点間の距離が整数の場合とは(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ