TIM Labs

公開レビュー:『ゼロから作るDeep Learning ? ―自然言語処理編 』

| コメント(0) | トラックバック(0)
ゼロ9784873118369.jpgから作るDeep Learning?
自然言語処理編

斎藤 康毅 著

A5版、448ページ
2018/6/25 発売
3600円(本体)
オライリー・ジャパン
ISBN-13: 978-487311-836-9


本書、発売が6月25日ということで、まだ発売されていないのだが、紹介しようと思う。
オライリーのホームページのオラの村に、以下が用意されているのだ。

『ゼロから作るDeep Learning ?』公開レビューのお知らせ

公開レビューということで、まだ執筆、修正中なのだが、できるだけ多くの人に読んで様々な指摘をしてもらい、修正に反映させようということである。

言い方は色々あって、公開レビュー、プレビュー、Early Release、 Early Edition などがあるだろうか。

オライリー本社の方からは、例えば "Tensor Flow for Deep Learning" の Early Release がある。

正式発売前に、まだ未完成でも読んでみたいという人はいる。
そういう人は、一般に能力も高く、情報は人より一足先に入手する。
そういう人々からの指摘を取り入れると、本がより良くなる。from_zero_deep_learning (283x400).jpg


さて、『ゼロから作るDeep Learning ? ―自然言語処理編 』であるが、コンピュータ出版業界で空前のベストセラーになった『ゼロから作るDeep Learning―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』の続編で、今度は自然言語編である。
大いに期待できるのではと思う。

なお、公開レビュー版なので、あれこれ書評は書かず、お知らせだけで終わりとする。

◇  ◇  ◇
日本では少ないと思うのだが、海外では執筆中から公開されていたり、発売されてもそのまま公開が続くことは多々ある。それも、非常に有名で、よく売れている本でそうなっていることがある。

日本の大学も、このくらいやってくれたらと思うが....

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://labs.timedia.co.jp/mt/mt-tb.cgi/716

コメントする

このブログ記事について

このページは、fujiが2018年3月26日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「書評:『人工知能と社会 2025年の未来予想』」です。

次のブログ記事は「Pythonから形態素解析システムMeCabを使ってみよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ