TIM Labs

遺伝的アルゴリズムでは、メンデルの遺伝法則は成り立っているか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

遺伝といえばメンデルである。

あのエンドウ豆のシワの有無による研究により、遺伝学が始まったと言われている。

とくに、隔世遺伝というのがあり、子供には親の性質が現れないのに、孫には祖父母の性質が現れるという性質である。

さて、問題は、

一般的な遺伝的アルゴリズムの実装において、隔世遺伝は成り立っているのであろうか?

もう年末も近いので、問題の提起だけしておこうと思う。

正月休みに、ちょっと考えて見て欲しい。

では、良いお年を。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://labs.timedia.co.jp/mt/mt-tb.cgi/753

コメントする

このブログ記事について

このページは、fujiが2018年12月28日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「複数人巡回セールスマン問題」です。

次のブログ記事は「謹賀新年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ