TIM Labs

a_tsuchidaによるエントリー一覧

個別のVM場合、ポータル上の専用タブからシャットダウン可能ですが、スケールセットでは利用できません。

今回は、開発・検証環境を想定して、営業時間外はスケールセットのインスタンス数を0にする方法を紹介します。

トランザクション処理性能は、システムを構築する上で重要な指標の1つです。

一般的なデータベースと同様に、トランザクション毎秒(Transactions Per Second, tps)がブロックチェーンの処理性能の指標の計測に使われています。

今回も前回と同様にEthereum PoA, Hyperledeger, Cordaの3つの処理性能に関する情報を集めてみました。

AZUREソリューション部の土田です。

Azure Blockchain workbenchでは、現在Ethereum PoAが利用可能で、今後Hyperledger Fabric, Cordaのサポートが予定されています。

検討用資料として、基本的な情報をまとめておきます。

この情報は2018年10月現在の情報です。

AZUREソリューション部の土田です。

ブロックチェーン上にサービスを構築する場合、秘密鍵の管理は重要な要素です。

現状、ユーザーに秘密鍵を生成してもらい、各自で安全に管理してもらうといった方式は、現実的ではない場合が多いです。

何らかの手段で、秘密鍵を管理する必要があります。

今回は、Azure Key Vaultを使用した管理方法を紹介します。

どうも。AZUREソリューション部の土田です。

現在パブリックプレビュー中のAzure Blockchain Workbenchをテスト運用する上で、調査・研究した内容を随時公開していきます。

今回は、テスト環境を運用するのに必要な料金について共有します。

予算感の参考になれば幸いです。

このアーカイブについて

このページには、a_tsuchidaが最近書いたブログ記事が含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ